マイクロプラスチック

佐伯の魅力発信

こんにちは!やりたいことはどんどん挑戦。

佐伯市にホッとする優しい居場所を創るいたくらゆうこです。

今日は、佐伯市で興味があった映画の上映会があったので行ってきました。

「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」

この映画をできるだけ簡単に説明すると、

ニューヨークの小学生が、マイクロプラスチックのことを学び、

環境を改善するために、学校や市に働きかけをしていく、

というストーリーです。

マイクロプラスチックとは、

海中などで小さくなったプラスチックのごみのこと。

海の生物が食べてしまったり、海水が蒸発する際に空気中に一緒に浮遊してしまったり、、

と深刻な問題になっています。

このままでいくと、2050年には、

海には、生き物よりもプラスチックの方が増えてしまう、という統計もあるのだとか。

「美しい海」の中に、

実は、世界中どこもかしこも、マイクロプラスチックは浮遊している。

それを知った時はとても衝撃的でした。

今、わたしたちにできること

できることは、沢山あると思います。

マイバックを持つ、マイボトルを持つ、ポイ捨てしない、等。

もう今時当たり前になっていることですね。

実は、

映画の中では、知らないことも沢山あり、

ところどころショッキングな場面もありました。

一番ショックだったのは、

マイクロプラスチックの中で、一番多いのが、『マイクロファイバー』だということ。

洋服を洗濯した際に出てくる、洋服のクズです。

プラスチックって化学物質です。環境に有害なものも沢山含まれています。

その一番の原因が、洋服の繊維だったなんて…

今のわたしたちにできることは、

「なるべく天然素材の洋服を選ぶこと」そして「厳選して選ぶこと(買いすぎない)」「洗いすぎないこと」。

全ての服を綿や麻にしようというわけではないけど、

できるところは、なるべく選択していきたいって思いました。

便利な世の中になったけれど

便利になった分だけ、どこかに歪みがでている今の状態。

色んな取組が、知らないだけで沢山あるとは思いますが、

今、自分にもできることを、少しずつでも行いたいって思いました。

ムリせず。

開催された場所

今回、&cinema(@and.cinema.saiki) さんと、ひらいさき@みどり荘計画進行中(@sakiiiness) さんの共同で開催されました。

開催場所は、ひらいさきさんがオーナーを務める、みどり荘(@midoriso_)

手づくりの暗幕をひいて、

小さなお子さんも何人もいて、ほのぼのとした空気感の中で楽しめました。

Facebookのイベントページはこんな感じでした。https://fb.me/e/2dAn386vy

何度も観たい映画のひとつになりました。

あとがき

この映画を観た後に、親族でランチでお寿司を食べに行きました。

マイクロプラスチックを食べる魚の映像を見たあとだったので、少しばかり複雑な心境にもなりましたが、

こうやって、家族でお寿司を食べられていることに、まずは感謝だ☆と思います。

そして今日は、腸美活フードアドバイザー®のお志事も、進める時間が作れました。

良かったです。

私らしい講座を、、、考えていきます!

明日は、まだ作ったことがない発酵調味料に、いくつか挑戦しようとおもっているんです♩

あと、甘酒も飲み比べしてみようかと!

休日、嬉しいなぁ♩

それでは、よい休日をお過ごしください(^▽^)/最後まで、ありがとうございました!

コメント