ヨガは瞑想をするために創られた話

CITTA手帳

こんにちは!今日は祝日!

用事はありますが、朝の時間はちょっとゆっくり♪落ち着いてブログが書けます♪

ヨガとは

ヨガって知ってますか?

知ってますよね( *´艸`)

私も知ってます。昔から気になっていて、ちょこちょこ、つまみ食い程度にやってきています。

こんな動きとか、

こんな動きをゆっくりおこない、身体の柔軟性や筋力をつけるもの、というイメージがあるかと思います。

しかし、CITTA手帳の青木千草さんは、こんな風に言いました。

「ヨガは瞑想をしやすくするためのウォーミングアップみたいなものだよ」

…へ????

ヨガがウォーミングアップだと???

ヨガの定義

それならば、ヨガの定義を調べてみよう!と、ウィキペディアを開いてみました。

ヨーガは、古代インド発祥の伝統的な宗教的行法であり、瞑想を主とする。現代においては身体的エクササイズも含まれる。

元来は、心身、感覚器官を鍛錬によって制御し、精神を統一し、心の働きを止滅させ(不動心)、古代インドの人生究極の目標である輪廻からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。

wikipediaフリー百科事典より

ほんとや。

いきなり「瞑想を主とする」って書いてありました。

「輪廻からの解脱」を目標としているものだ、とも。。。

ヨガの目標は、身体をしなやかにして、健康になること、ではなかったのか!と驚きました。

そして、「こころの働きを止滅させ」というところも、よく千草さんが言われているのですが、ウィキペディアにも載っているくらい、それが当たり前のことなんだ!とビックリしました。

現代よく使われる「ヨガ」は、『身体的なエクササイズ』を表すことがある(By ウィキペディア)、のですが、本来の元々の「ヨガ」は、もっと大きなものだったみたいです。

心を止める(考え続けることをやめる)ことが大切

心理学でもよく聞く話ですが、人間は頭の中でグルグルグルグル考え事をしていて、それが行き過ぎると病気になります。

ですが、人間は、考える生き物なので、それを簡単には止めることはできません。

5000年もの歴史があるヨガでさえ、目標が「精神統一、心の止滅、輪廻からの解脱」なのだから、考えることは人間の性なのだと思います。

ただ、人間のエネルギーには限りがあります

だから、そのエネルギーを、必要なところに全集中させよう!必要のないところにエネルギーを無駄遣いしないようにしよう!っていうのが、「心を止める」ということです。

心を止めることの効用

心を止める(考え続けるのをやめる)ことの効用は、沢山あると思いますが、思い出したり思いつく限り羅列すると、7つ出てきました。

  1. 思考がクリアになる
  2. 迷う時間が短くなる
  3. 身軽に行動しやすくなる
  4. 目標を達成しやすくなる
  5. 人間関係が良くなる
  6. 病気にならない
  7. 幸せを感じやすくなる

全部大事やん!!意識して、心を止める時間を作るようにしたいと改めて思います。

ヨガをして、心と体を整えよう!

私が敬愛する隣の席の先輩も、毎日ヨガをしているそうです。

ヨガをする人は、素敵な人が多い!

私も、ヨガをして、(そして、瞑想もして、)心と体を整えよう!!と改めて決めたのでした^^

おしまい。

編集後記

昨日、めっちゃ嬉しいことがありました。

息子が保育園で【お店屋さんごっこ】をして帰ってきたのですが、買ったものを見せてもらっていると、

「これママにあげようとおもって」と、出てきたのは、飾り付きのヘアゴム(≧▽≦)

『うわぁ!!!めっちゃ可愛いやん♡♡♡』

私はショートカットなので、とりあえずちょんまげにして『可愛い?』と聞くと、満面の笑みで「可愛い♡」と答えてくれました。

『なんと!?可愛いのかい?!?!?!もっかい言って♡』

「……。あとこれくるま~♪」

『なぁ、ママ可愛い?(ニタニタのちょんまげBBAおばけ現る)』

「かわいい(棒読み)」

『えー♡ほんと♡』

そんなやりとりを楽しみました♡

なんでしょう?この嬉しい気持ち( *´艸`)ママのために買ってきてくれるだなんて( *´艸`)( *´艸`)

化粧もしてない、髪もボサボサの私に「可愛い」って2回も言ってくれるなんて( *´艸`)

とにかく、息子がお買い物ごっこ中に、私のことを思い出して、買ってくれたことが一番うれしかったのでした♪

ちなみに、ヘアゴムは、その後息子が遊びまわしていたら、どこかに行ってしまいました(;’∀’)

今日、掃除して見つけます!

では、良い休日を~!

コメント