自分の部屋ができた話

【チャレンジ①】100日連続投稿

こんにちは!

やりたいことリスト2022 とは別に、『自分の人生でやりたいことリスト』を書いています。

そこに、『自分の部屋を手に入れる』と書いている私。

そもそも自分の部屋は必要か問題

まず、そもそも大人になってから、家で仕事をしているわけでもない人間に、自分の部屋は必要なのか?という問いがある方もいるかと思います。

それは、ひとそれぞれですが、私自身に関していえば『超YES』です。

例えば、私と旦那さんは家にいる時の過ごし方が違います。

私は静かに本を読んだり、スマホを触ったり、考え事をしたりするのが好きなのに対し、旦那さんはTVが大好き。家にいる間はずっとTVが付いているのが当たり前の人です。

結婚する前、もうTV捨てようかな~と思っていたくらい、ふだんほとんどTV見ない私からすると、一日中ガヤガヤ音がある生活は、最初の頃は結構な苦痛でした^^;笑

最近はもう慣れましたが、それでも私の口ぐせは「見てないなら消したら?」。笑

旦那さんにとっての楽しみであることは分かっているのですが、『見てない時くらい音なくして!』『息子と遊んでるときはTV消して!』というのが本音でした。

やりたいことリストに書いてみた

それで、冒頭にもかいた『やりたいことリスト』の話に戻るのですが、そこに書いたんです。

『自分の部屋を手に入れる』と。

書いたら叶った

そしたら叶いました。

引っ越したわけではありません。

賃貸に住んでいるので、空いているスペースが元々あったわけでもありません。

でも、書いて2カ月も経たないうちに叶いました。笑

地震の後にぽかんと空いた部屋

叶った理由は、1月下旬の地震でした。

地震の時に寝ていた部屋は、窓が頭の上にあり、また、玄関から一番遠い場所にありました。

大きな揺れを感じたあと、強い恐怖を感じて速攻で布団をリビングに動かしました。

少しでも玄関に近く、窓が傍になくて安全な場所でないと、眠れなかったのです。

それから、もうそれまでの寝室で寝ることはなくなりました。それから、寝室はずっとぽかんと空いていました。

そんなある日、『ピーン!!!』ときました!

ここ、私の部屋にしよ!

この狭い家の中で、モノがリビングに集結してしまって、ぐちゃぐちゃになってしまっているのを解決したいなぁ…って思っていた時に、ひらめいてしまいました!!!

そうと決まれば、即行動。

家にあるモノを使って、せっせと部屋づくりです。

じゃーん!

机も棚も何もなかったので、押し入れの中に入れていた無印良品の頑丈ボックスを2つ置いて、たまたまあった板(棚から外していたもの)を橋渡しして、簡易机の完成!!

そして、ほとんどモノを入れていなかった引き出しとか、捨てようとしていた銀色のものが置けるやつとか、無印のソフトな入れ物を引っぱり出して、全部有効活用しました!!

ふっふっふっふっふ。

いいでしょー( *´艸`)笑

本当は、ナチュラルな木の素材でできた小さな机と、それに合う棚を置いて、その横に好きなものを飾る♪みたいなことをしたいのですが、

今もけっこー満足しています^^

しいていうなら、部屋が夏暑く冬寒いことと、板が小さくてPC置くとノートが開けないことがちょっと困りかな。ダサいのは、もう気にしていません☆

自分の部屋ができてから

自分の部屋ができてから2週間がたちました。

今は、毎朝、起きたらこの部屋に直行して、身体を動かしたり、PCをしたり、何かを書いたり読んだりして過ごしています。

休みの日はゆっくりみんなが起きるまでここで過ごし、昼間もここにいることが結構あります。

息子もよく遊びに来ます。

息子は、私の部屋に来ると「勉強ちゅるぅ」と言って、洗濯かごを机にして、その上にモノを置いてみたり、床に紙類を広げさがしたりしています。笑

部屋が息子のおもちゃだらけになる日もあります。笑

それでも、自分の部屋で過ごせるのがすんごく幸せ♡というお話でした。

やりたいことリストは侮れない

CITTA手帳の中の「ワクワクリスト」と同じですが、やっぱり自分の望みを紙に書いてみるって大切です。

大きなものから小さなものまで動かす力は、ヤンマーディーゼルではなく、ワクワクリストでした☆

おしまい。

編集後記

ちなみに、旦那さんに「自分の部屋欲しい?」って聞いたら「いらんなぁ」とのことでした。

私と旦那さん、価値観はまぁまぁ近いと思っているのですが、

性格が結構違うので、話していて「そんな考え方するんや!」と驚くことが多いです。

自分の部屋を作るのも、好きにさせてくれてありがたい限りです!

さて、今週もがんばろー♪

コメント